エリアリンクってどんな会社?

エリアリンクの社長をしている林尚道氏は、様々な分野で登場している日本を代表する起業家です。色々な経済紙のインタビューなどに答えた記事などに目を通す機会も多かったので知っている方もいらっしゃると思います。しかし、林尚道氏が代表を務めているエリアリンクに関しては、深く理解されていない方も多いと思います。そこで、今回はこちらのページを利用して林尚道氏のエリアリンクについての情報をご紹介させて頂きます。他分野の方でも企業する際に重要なヒントが満載ですので、ぜひチェックしてみてください。

■エリアリンクの歴史
こちらの会社が設立されたのは1995年の4月、当初は株式会社ウェルズ技研という名称で千葉県の船橋市に設立されました。設立から四年後の1999年に今でも主力サービスであるハローコンテナ事業が開始されます。このハローコンテナ事業は、空いている土地に収納用のコンテナを設置し、家にあると邪魔だけど捨てることができない荷物などを保管するサービスです。

そして2000年に株式会社ウェルズ技研から今の社名に変更しました。その後もハロートランク、ハローバイクBOXハロー会議室、ハローオフィスなど時代のニーズに合わせて空きスペースの有効活用をおこなってきました。そういった目の付け所が時代にニーズにばっちりと合っていたのです。

■ハローコンテナ事業が好調な要因
ハローコンテナ事業は、利用者によって色々な使い方ができます。個人ではなく企業の方なども多く利用していることもあり、瞬く間にコンテナの数は増加していきました。ハローコンテナ事業が人気になった要因として考えられるのが日本人のライフスタイルの変化です。これまで日本人は、三世代などで生活していたため、マンションやアパートではなく一軒家に暮らしていました。一軒家のメリットの一つが収納スペースの多さです。アパートやマンション暮らしの方は、日々収納スペースが足りない事を悩んでいました。特に小さなお子さんがいるようなご家庭は荷物が入りきりません。

また、少子化問題などによって所有している土地を有効活用できずに悩んでいる方も大勢います。そういった方は、単に税金を支払っているだけでどうにかしたいとかんがえておりました。つまりハローコンテナは、収納スペースが無くて迷っている方と土地を余らせているだけで有効活用できない人の両方からメリットの多いサービスだったのです。

■企業する難しさ
日本では海外に比べて企業するリスクが非常に高くなっております。その為、多くの方が企業することではなく、雇われながら生活したいと考えています。これは戦後の高度成長期から続く終身雇用制の呪縛から逃れられない日本人の悪習です。すでに大手企業でも大規模なリストラが行われております。就職したら定年まで安心できるという事はありません。

同じリスクがあるのなら企業する方がと思う若い人材が増えてきているのです。もちろんまだまだ日本国内は企業する方に優しくはありません。不況も長引いており大変なことも多いかもしれません。しかし、エリアリンクのようにしっかりと流れを見極めながら世に必要なサービスを提供することによって安定した収益を得ることは可能です。色々な事に触れ、吸収しながら成功できる人材に成長していきましょう。

エリアリンク株式会社 – 会社情報 – 日本賃貸住宅管理協会