エリアリンクが成功している要因

現在、しっかりと利益を上げている企業が存在しています。成功している企業の多くが努力をしているのはもちろんですが、あまり業績の上がらない企業も努力していないのではありません。成功している企業は正しく努力をしているのです。こちらでは、不況が続く日本国内において周りが羨むほど成功しているストレージ系の起業についてご紹介していきます。

■ストレージ系の事業とは?
ストレージ系の事業とはどのようなサービスの事をさしているのかというと、空いているスペースを有効活用するサービスの事です。例えば、全国的にも珍しくなくなったレンタルボックスであったりトランクルーム、貸しコンテナなどがストレージ事業に含まれます。

ストレージ事業の最大のメリットと言えば、やはり関わった全員にメリットがあるという事です。借りる側は、自分が必要とするスペースの分だけ借りることができますので、非常にリーズナブルな価格で費用を抑えることができます。貸し出す方は、余っていて税金だけ取られるような土地からお金を生み出せますし、ストレージ系のノウハウを教わったり、面倒な手続きを会社に任せることができますのでこれまたメリットが大きくなっております。両社に間に入る企業も収入を得ることができます。

■ストレージ系の会社で最も成功している企業とは?
ストレージ系の起業で最も成功している所と言えば、やはり「エリアリンク株式会社」になると思います。エリアリンクがストレージ事業を手掛け始めたのは、今からもう20年前の1999年の11月になります。2018年には売上高が288億円というとんでもない数字になりました。

エリアリンクのストレージ事業が大成功を収めたのも、社長である林尚道氏の先見の明に他なりません。林尚道さんは、本格的な高齢化社会の到来する前の日本にとって、どんなニーズがあり、どんな資産が余っているのかをしっかりと研究しました。需要と供給のバランスを整えるのが商売の基本になります。需要が多いのに供給が間に合っていないストレージ系の事業は、林尚道氏にとって魅力的な事業だったのです。

■今後のエリアリンクの動き
エリアリンクは、ストレージ事業だけでなく他分野にも力を入れております。ストレージ事業だけでは頭打ちになっていたかもしれませんが、他分野にも力を入れております。その相互効果によって、エリアリンクをより大きな会社へと成長させたのです。

例えば、オフィスを持たずに仕事をしているSOHOの方などの需要の多い都市部のビルをレンタルして貸し出すレンタルオフィスのハローオフィスや空間シェアビジネスのハロー貸し会議室などは、新たな顧客を生み出すことに成功しております。社長である林尚道氏は、どうしたら日本の世の中がもっと活気が出るのか、もっと喜ばれる仕事ができるのかを考え続けております。そういったお客様ファーストの精神が成功に繋がり、働いている方も利用した方もみんなが笑顔になれる仕事ができるのです。